Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
パイオニアKURO
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2005.10.02 Sunday
カルトシンガー 元気いいぞう


デビューはあの伝説的お笑い番組「お笑いスター誕生」にして40歳。カルト中のカルトシンガーこと元気いいぞうをご存知でしょうか。
番組では、小柳トム、竹中直人らと並んで出演していたのを覚えております。元気いいぞうさんも8月の伊達男ナイトに出演いただいたのですが、なんと今をときめく、リリー・フランキーさんのレーベルよりCDデビューすることになった模様。といっても、仕事が遅いので有名なリリーさんのこと、どうなることでしょうか。

お笑いの枠に収まりきらない社会過激派のいいぞうさん。
代表曲には、「オナニー」「北朝鮮がせめてきた」「上野世界傑作劇場」「死体としたい」「まあ生きていれば良しとする」等450曲あまりあります。
が、かつて1曲も録音されたことがないために、今月の伊達男ナイト出演時には、初のライブ収録を行う予定とのこと。

伊達男ナイト
http://shinjuku.cool.ne.jp/dateotoko-night/
| テリー植田 | ロック | 13:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
2005.09.20 Tuesday
エアギター男、宮城マリオ氏


旬の男であります。
レイザーラモーンか、猫ひろしか、この男。
エアギター男こと、宮城マリオさん拍手
いやー、いい顔してます。いいエアギタってます。
サマーソニックに出場し日本で3位。スカパーでは、ウェブのキャラクターに採用されるわ、テレ東では、みうらじゅんさんらと番組やるわで
えらいことになっております。祝

マリオさんのエアギターのいいところは、本道であること。
実際に、バンドをやっていたテクニックとキャラだち、ダイナミックさに
加え、選曲の粋さがある。
ゆらゆら帝国の「発光体」でのエアギターがいい。
ちゃらけたギャグやネタのしこみはいっさいなく、ライブのように
観客を盛り上げる本気汁感が真骨頂だ。グッド

音神GIGTVはこちらから!
http://www.tv-tokyo.co.jp/gigtv/air_guitar/index.html

9月24日伊達男ナイト@東京に出演いただく。びっくり
伊達男ナイト
http://shinjuku.cool.ne.jp/dateotoko-night/
| テリー植田 | ロック | 11:43 | comments(1) | trackbacks(0) |
2005.09.19 Monday
コクトーツインズの日本人ギタリスト FLAT7インタビュー


フジロックフェスティバル05で再結成が期待された英国シュゲーザー耽美派、コクトーツインズの日本人ギタリスト舘氏と新鋭シンガーソングライター山田タマルさんにFLAT7のアルバム「lost in blue」についてお話を伺いました。
(インタビュー&テキスト:テリー植田 at naked loft)


●コクトーツインズ再結成がフジロックでは実現せず残念でしたが、舘さんのFLAT7名義の作品がリリースとなりました。まずは、コクトーツインズのギタリストとして参加されるようになった事件から教えていただけますか?
(舘)どこから話せばいいのかなぁ。一番最初は、渋谷の楽器店にコクトーツインズのロビン(ガスリー)が買い物をしに来て。その時に流行っていたディストーション・ペダルの在庫がなくて、「じゃ、送るよ」ということになって。送り先を読んで、「4AD コクトーツインズ宛」って書いてあったから、やっとその人がロビン・ガスリーだと気がついて。(笑)逢った時は分からなかった。その当時は、顔とかジャケットにはほとんど出してなかったので。

●当時からコクトーツインズのファンだったんですか?
(舘)ファンまでいってなかったですけど、知ってましたね。次に、1年後にまたお店に買い物に来てくれたんですよ。ドラムマシーンか何かの音源を探しに来たのかな。コクトーツインズ名義じゃないんだけど、ロビン、サイモン、エリザベス、ハロルドバッド名義で新作がその時出てて、その新作がたまたま店に有ってサインしてもらいました。ロビンは気分よくなっちゃってライブに誘ってくれました。ロンドン来たら遊びに来いと、社交辞令だと思うんだけど。料理店の仕事で3年間ロンドン行くきっかけがあり、その時に、本当ににロビンのスタジオを訪ねて行って、それで、ライブで弾くギタリストを探しているって知ったんですよ。ダメでもともとだから聞いてみようかなって思って、で、オーディションやって。消去法的に残っていったのかな、たぶん。一番大事なのはコクトーツインズが好きじゃないとならないっていうのがあって。テクニック的に凄いものを要求されなくて、演奏するオーディションはなかったんです。

●FLAT7のアルバムに参加されている山田タマルさんとの出会いのきっかけは?
(舘)2003年くらいかな。出会い系とかだったらまずいよね?(笑)同郷の音楽関係に従事している者(現在、山田タマルのマネージャー)の紹介で。デモが5曲あるから、アコースティックなかんじでさくっとプロデュースっていう話じゃなかったっけ?3日くらいあれば大丈夫なんじゃない?っていう話だったんですけど、ちょっと力入れすぎて1ヶ月くらいかかっちゃった。



●タマルさんは、実際に舘さんと作業してどうでしたか?
タマル)今まで、福士さん(シャーベッツ)や湯川トーベンさんにやっていただく機会があったんですけど、それぞれ時間の使い方とか作業の仕方とかアプローチが違うんだなっていうのを、さらに舘さんとやって感じて。いろんなお話するし。
舘)話長いんだよね。話がなかったら半月でレコーディング終わってる。(笑)

●FLAT7の意味とかイメージとかあったんですか?
(舘)ない。(笑)ほんとない。単語ひとつだけで考えていたんですけど。番地みたいなものですね。俺が住んでいたところがFLAT7だったから。アルバムタイトルは、「sweet luminous of silence」にしようと思っていたんです。もともと使いたかったコラージュした写真がライセンスの関係で使うのが難しいとなった時に、知り合いのラッセル・ミルズの作品を見てたら、これ、いいじゃないというのが、このアルバム・スリーブの絵なんですよ。たぶん、映画の「lost in translation」とかの文字が家の中かコンピュータかどこかにあって。それに目がいって「translation のところ blueに変えたらかっこいいなあ」とおもって決めただけで、意味ないんですよ。雑誌的には意味あったほうがいいんだろうけど、そういうのはジャーナリストが勝手に決めたらいいじゃんって。

●多彩なゲストについて教えてください。
(舘)LUSHのMIKIは、5年前くらいに、シャーベッツの福士久美子さんが主催するスタジオがあって、そこで、友達集めて1枚レコードを出すっていう時の曲の2005年版ですね。ボーカル不在のままレコーディングしていたんですけど、エリザベスのボーカルが頭にあって曲を書いていたので。誰かに歌ってもらってもだめなんじゃないかと思って、誰にも声かけなかったんですけど。日本語の歌詞のを1曲やろうと決めていたのでタマルに声かけて歌ってもらったんです。本人がいる前で失礼なんですけど、思ったよりよかった。エリザベスじゃなくてもいいじゃないと思って。合計三曲を歌ってもらった。英語で歌ってもらったら曲にマッチして。歌詞にいろいろメッセージ性もたせるの嫌いなんですよ。俺が説教たれても、おやじ何言ってんだよって思う人もいるかもしれないし、いないかもしれないし、そこまで人間が出来てないっていうのがあるかもしれないし。情景だけを描いてもらえばいいかなと。その例として「与作」(北島三郎)とか。あれは、情景しか歌ってないでしょ?女房が一生懸命働くからああだこうだとかないでしょ?それだけでちゃんと歌になってるんで。今の歌って聴いている人が考えないように出来ているんですよ。情景を提示されて自分で考えることをしてないでしょ?

●まさに、コクトーツインズはそうですよね。最後に、舘さんは、コクトーツインズ再結成はやりたいですか??!!
(舘)やりたいですね。僕は、ファンですからね。いろんなところで飲んで騒いで、わがままやって、お金もらって帰って来れるので。(笑)
Mitsuo Tate 会津若松市出身。
Cocteau Twinsの斬新的サウンドメイクを手掛けるRobin Guthrieの右腕として90年よりギタリスト&エンジニアとして活躍。90年以降の3枚のアルバムと3度のワールドツアーに参加。YU−RA、おおたか静流のサウンドプロダクションやLIFE RECORDERS、Fragile Rocking Chair、CYCLES、デーモン小暮閣下、Tobacco juiceなどプロデュース。
http://www.flat-7.com/


山田タマル 1982年東京生まれ。
Mitsuo Tate氏プロデュースのデビュー・ミニアルバム”warp”発売中(江戸屋レコード)
http://www.edoya.tv/tamaruyamada/

09/16 Fri.  天窓歌姫 第三十八夜 at 四谷天窓 TEL 03-3341-0546
 OPEN 18:30 / START 19:00
 w / 堀江理沙、Erijina、iora、Ro-mio
 前売・当日:¥1,500(消費税込、DRINK別)

09/22 Thu.  HIGH BRIDGE presents "SEVEN BRIDGE Vol.34"  at 渋谷7th Floor
TEL 03-3462-4466
 OPEN 18:30 / START 19:30
 w / 芝草玲、石野田奈津代
 前売・当日:¥2,500(消費税込、DRINK別)
| テリー植田 | ロック | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
2004.09.03 Friday
噂のユニット「漁港」を目撃したか??!!

遂にメジャーデビューの漁港。

ポスト氣志團か?レコードメーカー12社で獲得争奪戦を繰り広げ
遂にメジャーデビュー解禁の日が近づいてきた噂の漁業ユニット「漁港」。
バンドというかユニットですが、みなまじで漁業を営んでおります。
RUN−DMCを聴いて衝撃を受け、音楽を心ざしたとか、
冷凍ものを嫌うためライブのみのパフォーマンスで、冷凍モノCDは出さない
とか、ライブでは本物のマグロをさばく!とか噂は謎を呼ぶばかり。
観たい、漁港。男だ、漁業だ、本物だ!ときめき
メジャーデビュー前の油ののりきった今の漁港を目撃すべし!
なんと9・15@新宿ロフトで「キルビル」に出演した剱伎衆かむゐと活弁映画監督山田広野との夢の競演ライブが実現!
企画・構成はテリー植田。グッド
チケット急げ。ジョギング


船長 森田釣竿。イカすぜ!グッド


荒波寛之。謎。見る


深海光一。さらに謎。見る


会場で購入しよう!手ぬぐい。温泉

【イベント情報】拍手
KAMUI INTERNATIONAL presents 
剱伎衆かむゐのサムライナイト 特別篇 

あのQ.タランティーノ監督作品「キルビル」に
出演・殺陣指導を行った剱伎衆かむゐの生・演舞公演が
遂に新宿ロフトで豪華ゲストを迎え開催決定。
噂の漁港、御馴染み山田広野、驚異の和太鼓奏者
御木裕樹も特別参加。
9・15(水) 新宿ロフト
open/18:00 start 19:00

演舞:剱伎衆かむゐ(演舞) 
演奏:御木裕樹(和太鼓 ) 
特別漁業:漁港
実演:山田広野(活弁映画上映)

前売り2500円/当日2800円
チケットぴあ Pコード:179-452
問合せ先:新宿LOFT 03-5272-0382

剱伎衆かむゐ http://www.k-kamui.com/
山田広野 http://www.katsuben.net/
御木裕樹 http://www2.odn.ne.jp/wadaiko-miki/
新宿ロフト http://www.loft-prj.co.jp/LOFT/index.html


漁港公式ページはこっち。びっくり
まじで、新鮮なマグロも購入出来ます!
http://www.gyoko.com
| テリー植田 | ロック | 14:15 | comments(3) | trackbacks(0) |
2004.08.23 Monday
最も過小評価の歌手、矢野真紀について

日本でもっとも過小評価というか、まっとうな認知がされていない
歌手の一人に矢野真紀さんがおります。今回は、彼女の話をひとつ。音楽業界の方でも、おやっ?誰だったかのぅ、と顔も音も浮かばぬ方もいるの
では。一般的な知名度は皆無に等しいと感ずるのです。音楽雑誌や
女性誌にも露出がほとんどなく、一体、矢野真紀には、どれくらい
の宣伝費とスタッフがいるのかと疑ってしまいたくなる。と言って
も、れっきとしたあの東芝EMI所属であるのです、これが。知ら
ないでしょ?矢野ちゃん。プロデューサーは、あの亀田誠二氏。椎
名林檎のデビューアルバムを手がけ大ヒットに導き、今は東京事変
のベースを担当。クラムボン、Do As Infinty、平井堅などプロデ
ュース・アーティスト多し。ロック界ではもっとも忙しいプロデュ
ーサーと言えます。


亀田誠二プロデューサーは、右から二番目。

で、その矢野真紀の世界が完成されたぼくからすると金字塔アルバ
ムが「そばのかす」であります。このアルバムに収められた珠玉の
名曲があります。「大きな翼」「タイムカプセルの丘」「夢を見て
いた金魚」の3曲がこれ。中でも「タイムカプセルの丘」は壮大か
つ武骨な亀田サウンドと矢野真紀の情念節が見事にブレンドされた
名曲であります。矢野真紀の歌詞がやばいです。きっと、不倫の歌
です、これ。きっと、体験してます、矢野ちゃん。イケナイ恋だが
、出来ることなら、今すぐにあなたの匂い確かめたいの(非常に肉
体的な誘致を感じさせます)〜と朗々とこみ上げる情感を赤裸々に
告白しているかのような節回し、これやばいです。節回しやこぼれ
る出してる息づかいから肉体的な匂いがたいそう感じられて、やば
いんです。不倫の相手とまた逢いたくなる、いやきっとまたいつか
逢えるはずと確信して誘っているのであります。ぼくの思い込みで
したら、ご勘弁を。


これが、ジャケ。そそりまくりです。ジュッ。

「タイムカプセルの丘」だけでも死ぬまでに聴いてみてください。
肉体に効いてきます。
ぼくは、もうイントロ聴いただけで、パブロフのワンちゃんみたく
、誰かといつか行ったどこかに行ってしまいたくなります。。。ク
ン、クン、ワン、ワン。

矢野真紀ってこんな歌い手。ちなみにミッチーと同じ事務所です。
http://www.yanomaki.com/open.htm
| テリー植田 | ロック | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
2004.08.12 Thursday
溺れたエビの検死報告書

京都、そして関西で話題のダーク・エンターテイメント・バンド。
(って勝手に小生が今、書いてます。)
バンド名がすこぶる素晴らしい。「溺れたエビの検死報告書」
現在東京でも不定期で上京しパフォーマンス中だが、
2005年には東京でも本格的に活動をするとのこと。祝


点灯能力は、春日大社の燈篭を上回る?!霧

このネーミングから、ぼくはある映画監督をイメージした。
サム・ライミ監督。今となっては「スパイダーマン」を捕った男、
ですが、「死霊のはらわた」「ダークマン」でピンと来た方は
なかなかよくご存知で、セニョール。
特に、このダークマン的なジェントルマン&ダークな背景を
想像したのです。で、その通りのエンターテイメントで驚き。
おそらく、今後東京でもかなりのところまで知名度を伸ばしていくこと
であろうと思います。そう、願いますバンド。グッド


これは、ヤバイでしょー!!点灯エビ勢ぞろい。びっくり

初見でやられて、二度ライブに足を運んだ。
で、ズバリ、メンバー全員エビです。(ほんと)
エビというより、シュリンプマンです。
黒スーツ着用でキョロキョロ、ピチピチと猫的敏感運動を
常に行いながら、高度なテクニックで演奏をします。
音はといいますと、プログレ、JAZZが即興的に繰り広げられる
ているように聴こえます。
特に女性の方への衝撃度は、夢に出るほどでしょう。悲しい


トレトレピチピチの微細な動きにも注目したいところ。見る

海底に響き渡るダークサウンドが会場に響けば
エビが生まれたサイン。
気がつくと、あちこちにエビたちがいるではないか!!
そして、エビ・オン・ザ・ステージ。スモーク・オン・ザ・ウォーター。
エビの眼だけが不気味に点灯し、徐々に演奏体制に入っていく
ところだけでショーとしての完成度は高い。
あとは、みなさんのその眼で確かめて下さいませ。冷や汗


フロアにも飛び出てくるので、気をつけましょう。びっくり

二回目見たときには、ここで稲川淳二の怖い話
聞きたいなと思ってしまった。おばけ
(追記)このブログをご覧なられている方、及び
エビを知らない業界関係者諸君はただちに、観に行って下さい。
もちろん、自腹で。酒飲んで遊んでる場合じゃないですぞ。


溺れたエビの検死報告書のHPはこちら。
次回のライブをチェックしよう。
http://www.d-shrimp.com/
| テリー植田 | ロック | 11:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
2004.08.02 Monday
プリンスとミッチー

最新の殿下。来年早々来日の噂!

この方について書かねばなりません。
ぼくにとって音楽、エンターテイメントに開眼させてくれた人が、プリンス。そう、殿下ことプリンス。多くの出会いも生んでくれました。


パープルレイン・ジャケがこれ。

1984年。20年前ですね。ぼくは中一です。まだ女性も知らず。右手の動きばかりが器用になっていた年頃。
映画「パープルレイン」を友人といっしょに奈良の田舎から大阪の心斎橋になる松竹角座に観に行きました。ショーック!!
こんなかっこよくて、ギラギラしていて、イヤラシイ世界が!!
うっひょ〜〜〜〜〜っ!!ってかんじ。
目の前のカップルは、劇中のプリンスと恋人が濃厚にベットインしている
シーンをいちゃつきながら観ているのを坊主頭の中一が観ているので
あります。映画なんか頭に入りませんね、これはもう。


1988年リリース「ラブセクシー」
レコードショップ店員:このポスターついてくるんだけど、いらないよね?
植田少年:2枚ください。

それからというもの、プリンス一筋で毎日狂うほど聴きました。
海賊版に全財産を投入。高校時代には、バイトも新聞配達からホテルのベットメイキングとがんばりました。少しでもいい音で聴くために
ダイアトーンのスピーカーとサンスイのアンプを購入。
爆音三昧。苦情多々。

いまだにファンは続き、プリンスのファンイベントにも着手。
大阪、東京でプレイ。
昨年、新宿ロフトプラスワンで開催した時は
なんと、あのプリンスファンを公言するミッチーこと及川光博氏が
ぶらっと遊びに来た!
DJをやっていて、横を見ると、踊っているのはミッチーではないか!!
それから、プリンス談義に花が咲き、プリンスつながりで
ミッチーの年越しライブでDJ&出し物コーナーをプロデュースする
ことに。なんと早い流れだこと、さすがミッチー即、実行。


踊るミッチーの図。ギャルズに囲まれご満悦。
リクエストは超ファンク曲「ゲット・オフ」でした。
ミッチーの脇の向こうにテリーのDJ姿が。。。


ミッチーのライブ時に来たぼくの衣装がこれ!
ぼくの衣装係高坂女史が作製。凄い。

まだまだプリンスつながりの輪はひろがりそうな勢いです。

プリンスってこんな人!
http://www.npgmusicclub.com/

有名ファンサイトはこっち!
http://www.npg-net.com/prince/
| テリー植田 | ロック | 11:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
2004.07.29 Thursday
トロピカルダンディー

トロピカルダンディー[1975.6.25/PANAM GW-4012]

言わずと知れた細野晴臣氏。YMOですな。はっぴいえんどもですな。
しかし、ソロ作品がこれまた凄すぎでございます。
1975年発表の作品「トロピカルダンディー」は、島にたとえられた音楽。
口では表せないごった煮(チャンキー・サウンド)と呼ばれたこの
トロピカルなサウンドは、トリニダドのカリプソ、キューバのソン、
ニューヨーク〜プエルトリコのサルサなどがまさにごった煮。
そして、港にも例えられる。上海、香港、横浜、ニューオリンズ。
上海からフランス、スペインを通って、西インド諸島を回って、ニューオリンズに
到着したのがはじめて、東京にやってきたってな音楽。
あらゆるエッセンスを含んだ最高のごった煮サウンドをこの夏どうぞ。ビール月


(細野晴臣プロフィール)
1947年7月9日、東京都港区白金に生まれる。
1969年、「エイプリル・フール」に加わりプロとしてデビュー。
1970年、大滝詠一、鈴木茂、松本隆とともに「はっぴいえんど」を結成、優れた日本語による歌詞とサウンド・プロダクションによって高い評価を得、1973年に解散、伝説のグループとなった。同年、埼玉県の狭山に移住。豊かな演奏力とユーモアに溢れるファースト・ソロ・アルバム「HOSONO HOUSE」を自宅録音で製作。このときのプレイヤー、松任谷正隆、林立夫、鈴木茂が核になって後のミュージシャン集団、ティン・パン・アレーが生まれる。ティン・パン・アレーは1977年まで流動的なサウンド・プロデュース・チームとして活動し、荒井由実、南佳孝、山下達郎、吉田美奈子、矢野顕子、大貫妙子などのレコードに新鮮な音楽を提供、細野晴臣はベーシストとして中核の役割を果たす。ティン・パン・アレーのセッション・ワークと平行して1975年、ノスタルジックなポップスの探求がエキゾティックというキイ・ワードによって強化された「TROPICAL DANDY」発表。日本のポピュラー界に衝撃を与える。翌年、その傾向をさらに推し進めた「泰安洋行」を発表。その独特の音楽を自らチャンキー(ごった煮)・サウンドと命名する。
1978年、「はらいそ」のレコーディングに参加した高橋幸宏、坂本龍一と意気投合。同年、Y.M.O.としての第一作を発表。Y.M.O.は音楽的にもセールス的にも世界的な成功を収め、音楽界全体の動向にも強い影響を及ぼした。活動中に唯一のソロ・アルバム、「フィルハーモニー」を発表、またYENレーベルを設立して新人発掘を行った。この時期は歌謡曲畑や他者のプロデュースでも特に多くの仕事をこなし、独特のサウンド・プロダクションをメジャーな領域で展開しヒット曲「天国のキッス」「禁区」「ガラスの林檎」などによってメロディー・メイカーとしての才能を広く知らしめた。
Y.M.O.は1983年に散開。翌年、レーベル「ノン・スタンダード」「モナド」設立、Y.M.O.時代にやり残したポップスや、やりたくても制約の中で実現できなかった形式の音楽を立て続けにリリースする。1985年、アニメーション「銀河鉄道の夜」の音楽を製作。翌年、全曲を20世紀の名曲からシュミレーションした越美晴のアルバム「echo de MIHARU」レコーディング開始、1987年発表。
1989年、「Omni Sight Seeing」発表、玉石混交のワールド・ミュージック・ブームに湧く日本に本家の実力を示す。
1991年、一枚のレコードを創るため忌野清志郎、坂本冬美とともにユニット「HIS」を結成、異色の「こぶし」「歌心」へのアプローチがアルバム「日本の人」に結晶した。
1992年と翌年、青森県森田村の野外円形劇場でアイヌ民族や縄文文化に関連するコンサートに出演。
1993年、「近年ようやくたどり着いた」というネイティヴ・アメリカン精神への共感が結実した「メディスン・コンピレーション」発表。同年、突然のY.M.O.再生。「火種がくすぶっていたY.M.O.を終わらせるための再生」と発言する。
1995年1月、遊佐未森、甲田益也子、小川美潮を迎え、プロデュースに2年の歳月をかけて完成したアルバム「LOVE, PEACE & TRANCE」を発表。4月、アルバム「N.D.E」を発表。8月23日〜9月3日に開催された「1995年ユニバーシアード福岡大会」開閉式・音楽監督として制作。10月、アルバム「ナーガ」を発表。1996年3月、Bill Laswellとのコラボレーション・アルバム「インターピーシス・オーガニゼイション」をテイチクより発表。10月、越美晴とのユニット"swing slow"のソロ・アルバムをマーキュリーよりリリース。12月には新レーベル"daisyworld discs"を発足し、アトムハート、テツ・イノウエとのユニット「ハット」とコンピレーション・アルバム「デイジー・ワールド・ツアー」を発表する。
97年1月には"swing slow"のアナログ盤をリリース。1997年8月、プロデュース作品としてワールドスタンダードのアルバム「カントリー・ガジェット」、シーナ&ザ・ロケッツの「@HEART」をリリース。10月には作曲・プロデュース作品として森高千里のシングル「ミラクル・ライト」を発表。11月には「ハット」の2枚目のアルバム・レコーディングのためにチリへ渡航。12月"ヴァガボンド・シネマ・ポップス・アーケストラ"のクリスマス・シングルにゲスト・ヴォーカリストとして参加。
1998年、森高千里のアルバム「今年の夏はモアベター」をプロデュース。6月にはハット名義でアルバム「DSP ホリデー」をリリース。
99年10月には久保田麻琴とともに「ハリー&マック」を結成し、70年代のスワンプサウンドを彷彿とさせるアルバム「Road to Louisiana」を発表。2000年3月、これまでの活動を4枚のCDに収めた『HOSONO BOX 1969-2000』を発表。
そして2000年11月、鈴木茂、林立夫とともに"ティンパン"を結成し、アルバム『ティンパン』を発表。12月には東京・大阪でコンサートを開催した。翌年4月には福岡でも追加公演を開催。
2001年が明けて、25年来の盟友、小坂忠をプロデュース。アルバム『People』をエピックレコードより11月にリリース。12月に新宿厚生年金会館で1日限りのコンサートを開催。
2002年:高橋幸宏と「Y.M.O.」以来初めてとなるふたりのバンド「SKETCH SHQW」を結成。9月にはアルバム『AUDIO SPONGE』を発表し、12月に初の単独ライブを開催。2月にミニ・アルバムをリリース。


細野晴臣ってこんな人!
http://www.daisyworld.co.jp/quiet/index.html

細野晴臣買うならこっちメール
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-6215137-3765831
| テリー植田 | ロック | 07:42 | comments(0) | trackbacks(1) |
2004.07.24 Saturday
マツケンサンバのお次は?!


もうワイドショーでご覧になった方も多いでしょう。
そう、マツケンサンバ。
いやいや、マスコミに踊らされてはいけませんゼヨ。セニョリータ。
踊るなら、こっち。


橋幸夫の「メキシカンロック」でございます。
古くは、物まね王座決定戦で清水アキラが橋幸夫のモノマネで
やっていたのを覚えてらっしゃるか。
「メキシカンロック〜ゴーゴーゴーゴ〜 メキシカンルック〜ゴーゴーゴーゴ〜」

そして、橋幸夫、憧れの由美かおる姉さんとで
映画「恋のメキシカンロック」でございます。
 

マツケンサンバのHPはこっち。
http://www.geneon-ent.co.jp/music/matsuken/

メキシカンロック買うならこちら。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005GYUJ/qid%3D1090830697/250-4821268-4156244

(付録)

ジュディー・オングの「魅せられて2004」もあります!
http://musicfinder.yahoo.co.jp/shop?d=p&cf=12&id=86362
| テリー植田 | ロック | 10:16 | - | trackbacks(0) |
2004.07.08 Thursday
恥ずかしいデジタルロックのDJミックス
デジタルロックって。掘り返しても出てこない言葉になりました。
東芝EMIとやった音楽関係では初のメジャー仕事だったと思います。
ケミカル・ブラザース全盛期。ってまたフジロックにも出演。
解説は元ロッキン・オンの鈴木善之氏
ノンストップミックスは、テリー植田

1999年夏リリース。
小さいスタジオでほぼ一発録りでした。


1.ワッチ・ザ・ファット・マン・スウィング(スケルトン・キー)
2.ハイヤー・グラウンド(CANDY ROT MIX)(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)
3.アイル・ドゥ・ヤ(FREESTYLERS REVENGE 12インチ MIX)(ホエール)
4.ミスター・バッドマン(リヴェンジ・オブ・B-BOY)(フリースタイラーズ フィーチャリング・テノール・フライ)
5.ドロップ・デッド(スペース)
6.ニューニョ・ボンバ(プラスティリーナ・モッシュ)
7.コリアン・ボデガ(AERO MEXICANA MIX)(ファン・ラヴィン・クリミナルズ)
8.フー・ワズ・イン・マイ・ルーム・ラスト・ナイト(TATE OR TOT MIX)(バットホール・サーファーズ)
9.ホーム(REMIX)(エコノライン・クラッシュ)
10.ブロック・ロッキン・ビーツ(THE MICRONAUTS REMIX)(ケミカル・ブラザーズ)
11.マイ・スウィート・パッション(エミーのテーマ)(クリス・ヴレナ&マーク・ブラスケス)
12.コンスピラシー(HEXIDECIMA MIX)(テラーヴィジョン)
13.ヒア(ルシャス・ジャクソン)
14.クラフトマティック・アジャスターブル・ガール(アーバン・ダンス・スクワッド)
15.二天一流(フォーテック)
16.シークレットリー(OPTICAL DUB MIX)(スカンク・アナンシー)




購入はアマゾンで。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/music/B00000JLBM/reviews/ref=cm_rev_more_2/250-3283550-4266634
| テリー植田 | ロック | 17:25 | comments(0) | trackbacks(0) |