Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
パイオニアKURO
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2004.07.07 Wednesday
山崎洋一郎(ロッキン・オン編集長)インタビュー
SHOW−OFF 2号 エンジーに訊け!

山崎洋一郎(ロッキン・オン編集長)インタビュー



編集、ライターとして参加している高円寺のフリーペーパーSHOW−OFF(2号)で音楽ファンならこの人の原稿は一度は読んだことあるはず。山崎さんにはロッキンオン以外の雑誌で音楽以外の話を聞きたいとずっと思っていたのがやっと実現。高円人の人もそうでない方も必読の珍インタビュー。



テリー(以下:テ):高円寺に住んで、もう何年なの?

山崎洋一郎(以下:山):18年かな。19才からで、上智大学生兼、新宿ローリング・ストーンの一時店長兼アングラ劇団主宰兼だった。

テ:そん時、一人暮らしだったの?

山:吾妻通りの喫茶店のナジャの上に住んでて、そこにはヘビメタ野郎がいたり、イージーライダーみたいなバイカーだとか、トロージャンのパンクスとか40才で道路工事やってるけど格好はブラックサバスみたいなジャンキーとか、そういう人脈だった。家は、ドアを開けっ放しにして出入り自由にしてて、帰ったら薬やってる連中がヨダレたらしてたり、セックスしてたりとか。。。そんなことしてたから2年くらいで追い出されたかな。1983年から84年くらい。

テ:プリンスの「パープル・レイン」の頃だ!俺が中学1年生だな。

山:あと、デビット・ボウイの「レッツ・ダンス」、カルチャー・クラブとかフランキー・ゴーズ・トゥー・ハリウッドとかね。

テ:そのころから高円寺は、パンクっぽいイメージはあったの?

山:メタルとかが多かったのかな。みんな長髪で、髪が短かったのは、俺だけ。モトリー・クルーとかが好きでみたいなのが多かったのが高円寺。

テ:有名人とかミュージシャンは、住んでたの?

山:いたいた。その頃一世風靡していたブルー・ハーツのヒロト、マーシーが住んでた。ロッキン・オンに入ってから仕事するようになってマーシーとすごく仲良くなって。ヒロトは、よくZZ TOPに来てバーボン飲みながらブルースをリクエストして、新宿ロフト行って友達のパンクバンドで暴れて、JAMでモッズ系イベントで踊るみたいな3つのしぶい遊びをしてた。あといかにもマーシーらしいロマンチックな話なんだけど、夏によく遊ぶようになって必ず南口の噴水で待ち合わせして、ラーメン屋に行って、
餃子喰いながらビール飲んで、俺んち行ってクラッシュのビデオ見るみたいな。夏の少年遊びみたいなのをしてた。「トレイントレイン」で大金持ちなのに餃子とか春巻きをつつんで持って帰るの(笑)

テ:へーっ。そうなんだ。俺はその頃、ロッキン・オン買って洋楽を聴き始めた時だったな。山崎さんの記事も読んでたよ。

山:テリーは、こう見えても29才だもんな。ずっと同い年くらいと思ってた。声が渋すぎるよな。パラレルって知ってる?

テ:噂に聞いたことはある。レコード屋だっけ?

山:おそるべきニューウェイブ貸しレコード屋。ラフトレードとかチェリーレッドのものが全部そろってるにたいな。そこで、キュアーとかニュー・オーダー借りたり、イギー・ポップを万引きしたりとか、ジョイ・ディビジョン借りたりとか。でもローリング・ストーンで働いてて新宿文化圏に居たから、レコードは西新宿だな。神戸にいた頃にロッキン・オンで読んでた新宿レコードがここか!なんじゃここ4畳半くらいしかないじゃんみたいな。

テ:80年代は、どんな格好してたの?

山:俺、服の趣味は変わんない。細身のジーンズ、スニーカー、あと、軍モノ。

テ:高円寺に住むことって、すごい楽ですか?

山:うん、楽。まず、24時間うるさい街だからこっちがうるさくしててもめただない。俺、でっかい音出すから静かな住宅地は絶対ダメで、あと変なことやってもそれ以上に変なことやってるやつらがいるから目立たなくてすむ。薬でおかしくなったやつが鳩を虫取り網で追っかけてても、へんな薬やってんだなですむけど、成城学園前だとそれじゃすまないじゃん。

テ:通報されるよ。(笑)そういう連中が伝統的に住んでるんだ。

山:日本人はもうちょっと、自由に、いいかげんに振舞ってもいいかなって思うんだけど。そういういいかげんさでは、高円寺はピカイチでしょ。このライフスタイルが別にすばらしいとは思わないけど。

テ:地方からバンドやりに東京に出てきたけど、失敗してみたいなのも多いでしょ。ドロップアウト。

山:そうだね。なんか負け犬ムードの高い街だよね。それには、理由がちゃんとあって、勝った奴が必ず出て行くから。それも不思議でしょうがないけど。勝ったら残れよっていう。ブルーハーツ、HIROMIX、スピッツのマサムネもそうだし。売れたらいなくなる。売れなかったら高円寺グダグタしてるか、田舎帰るかどっちか。 売れて高円寺にとどまる奴は、見たことない。

テ:それってなんなんだろうね?

山:やっぱ、負け犬っぽいムードがいやなんじゃないかな?出て行きたくなる。ここ、卒業って。俺は、絶対に出ないけど。

テ:それは、どうしてなの?楽だから?

山:(1分ほどの沈黙)負け犬根性みたいなのは、すごいいやだけど。。ホントに勝負して負けた奴が出してる負け犬根性はいやだけど、まだ勝負してないで、負けるかどうかわかんないいうフラストレーションもある街じゃん。そういうのは、俺好きなんだよ。言ってる意味わかる?

テ:うん、わかる。ぎりぎりのところで戦ってるみたいなかんじ。

山:そうそうそう。負けた奴の負け犬根性がドヨーンと漂ってる街ではあるけど、まだ、くすぶっててこれからぶわっと火がつくかもしれないかんじもあるから。

テ:若いフリーターやってる連中とかそうだよね。

山:そういうエネルギーが凄い好き。あと、凄いなと思ったのは、高円寺は、ごみを出したときのなくなり率!!

テ:なにそれ?持っていちゃうの?

山:ちょとラジカセといか、置いておくと1時間後とかには、絶対無い。椅子が一脚なくなったからって出しておくともうない!南米とかみたいだよね。車が故障して、放置しとくと、タイヤはずされてエンジンもっていかれるみたいな。子供がガーって。

テ:言い過ぎ、それ。(笑)

山:俺も持っていく派だったけど。ピンサロが潰れて、ソファーとか出すじゃん。ピンサロのソファーって凄い趣味悪くていいじゃん。赤紫みたいなの。

テ:高円寺って都心からの距離感がいいでしょ。

山:そうだね。中野とかだと違うしね。

テ:俺は、3年阿佐ヶ谷に住んでたけど、高円寺とは全く違う。住んでる人種も。空気感も。

山:高円寺は、ミュージシャンの卵が多くて、阿佐ヶ谷は、漫画家、小説家の卵が多いっていう話は聞いたことがある。阿佐ヶ谷ってロック感がないよね。あんまりなじまないな。

テ:阿佐ヶ谷って安全な街だし。下北とも違うし。高円寺って団結感ないよね。個人個人がゆるーくやってるかんじ。

山:それはあるね。でもね。高円寺は、妙な地元意識があるとか言われてきたけど、俺らの頃はそんなのねえじゃんって思ってたの。それは、昔の話だと思ってたの。でもね、ある日、俺の友達がマリファナでパクられたの。そいつひとりパクられてその後ごっそり20人くらいパクられた。やっぱ、あるんだな。高円寺のファミリー感みたいなのがって思ったよ。一網打尽ってかんじだよ。一番高円寺に不満があるのは、なんで外資系のレコード屋がないのかってこと。タワーレコード、バージン。絶対つくるべき!!

テ:HMVなんか立川に出来てるもんな。

山:立川につくるんだったら高円寺につくれよな〜。ホントに。こんだけ、音楽好きがいるのにさ。。。でも、駅前の新星堂の2階のお姉ちゃんがんばってる。あの人ロック好きだから。

テ:ははは。よくみてるな〜。さすが高円寺の主。80年代は、音楽はどんなの聴いてたの?

山:80年代は、ダブだな。リントン・クエイシ・ジョンソンの「ベースカルチャー」とかオーガスタス・パブロとか。あとはニュー・ウェイブ。キュアー「ポルノグラフィティー」とかモノクローム・セットとかコクトーツインズの・・・何だっけアルバム?

テ:ガーランド?

山:それ!それがベスト3かな。

テ:俺が、中1の頃ですよ。84、5年かな。ロッキン・オン読み出した頃で、山崎さんの文も読んでたよ。スミスとか聴いてた。貸しレコード屋で借りて、テープにとってた。

山:スミスがあったな。「ミート・イズ・マーダー」ちょっと、ひんやりしたイメージだね。でもやっぱりダブばっかだったな。俺、神戸出身だから関西ではダブ仲間いっぱいいたけど。東京では、ダブ聴いてる奴は、いなかったな。

テ:今日、山崎さんが会社で面接してきた学生達は、さっき言ったアーティストとか知らないいんでしょうね?

山:しらないだろうね。当然。22、3歳でしょ。 オアシスではじめてロックにはまりました、でしょ。

テ:へー。そうか。つらいなー。世代を感じるな。会社の若い人は、山崎さんに昔の知らないアーティストとかジャンルを尋ねに来たりするの?

山:するよ。「それはなっ!。。。」って。

テ:ハハハッ。出たウンチクおやじ!

山:例えばさ、スミスなんか、今ぱっと聴いてすげーってもんじゃないじゃん。あの凄さをどう説明していいかわからないね。オアシスでも、ほんとあの時って凄かったけど、今の高校生オアシス聴かせても凄いと思わないだろうし、でも、22、3才の奴等にすればオアシスって凄いバンドなわけでしょ。そういうのっていつの時代でもちょっとずれるというのは あることだから。

テ:音楽は、よく聴いてるのかな?若い子は。

山:邦楽が多い。前は、邦楽のリスナーは各バンド、各タレントのファンってかんじだったけど、今は、音楽リスナーとして音楽をちゃんと聴いてる。変ったなと思う。いいことだなって。俺がやってる洋楽としては、つらいなと思う。

(いったん中断後、以下、初公開トーク!!!!)

山:ロッキンオン入って直後。86年くらい。俺が大麻不法所持でパクられたことがあって。行ってきまーすってドアから出たら4人の刑事に飛びかかられて、羽交い絞めされて荻窪所に20日間ぐらい入ってた。ああ、終わりだ。明日から何しょうかなって思ってたら社長がかなりがんばってバックアップしてくれて。渋谷陽一が。やっぱりロックの会社に入ったんだなって思った。 入社して半年くらいだったら即クビ、今だったら。

テ:いい会社やな。

山:今だったら即クビにする。社長がしなくても、俺がする!

テ:はははっ。ロックじゃないじゃんか、山崎さん!


ロッキン・オンってこんな会社
http://www.rock-net.jp/
| テリー植田 | 高円寺 | 18:03 | comments(12) | trackbacks(0) |
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:03 | - | - |
Comment
検索してたらココ来ました。
山崎さんのお話読めて嬉しいっす♪
高円寺で暮らした〜い!ラクな町でないと生きていけない、、あ、でも家賃高いんですよね?きっと。
ぴぃゆぅぅん☆
ヨーコ, 2004/11/25 5:55 PM
どうもです!
地方の方っすか?
高円寺はワンルームでも7万はしますね。
高すぎですよ。
テリー, 2004/11/25 7:04 PM
あ、テリーさん、レスありがとうございます!
横浜の僻地だと、6万円台でペット可で3DKです。でも高いと感じる程不便、、
厳しいっすね!それなりの仕事しないと、、してみようかな?
ヨーコ, 2004/11/29 3:58 PM
おお!?それなりの仕事ってなんでっしゃろ??
気になります。。。
テリー, 2004/12/04 11:37 PM
もう年末ですね〜、すみません、パソコン持ってないもんで、今頃レスでど〜でもいい感じですが、、
それなりといっても、そんなハードやディープな想像に至るようなものではなくて・・(笑)そこまでいかない”それなり”ですかね、、ってよけいわからないですか?
年齢の問題もあるんで、雇ってもらえる自信もないですけど。いろいろ思案して、不動産屋さんも手当たり次第に探そうと思います。
来年は東京元年もしたうなあ〜☆
ヨーコ, 2004/12/16 4:36 PM
こういうの良くわかんないおもしろいインタビューでした     僕は話にでてきた音楽わかります
ぶいぉ, 2005/04/29 10:51 AM
はじめまして。山崎さんの読者としてとてもおもしろく読ませていただきました。高円寺、わたしも安い下宿を探して回ったおぼえが・・・結局西荻に住んだのだけど、よく遊びに行ったなあ。敬意をこめてTBまで。
blues1974, 2005/07/01 1:58 AM
おはつです。たのしく拝見させていただきました。
高円寺と阿佐ヶ谷の違いってなんなんだろうってなんとなーくイメージはしてたんですけど明確に実態をつきつけられたような衝撃をウケました。ご挨拶としてTBさせていただきました!では!
ミー, 2005/07/07 3:48 PM
はじめまして。
山崎さん熱が再発して、“山崎洋一郎”で検索したらここが最初に。
そこまで山崎さんを詳しく知らないし、山崎さんの記事を読みあさったわけではないけど、
私は“この人好きかも!?”と思うと妄想で突っ走るんで、かれこれ大して記事も読まず、10何年山崎さんが好きです。
熱が再発したのも昨日今日のお話です。
ロッキングオンのHPを何となく見てみたら、いつの間に!?山崎さんがジャパンにいるではないか!
いやぁ、これからは少し冷静に、妄想もそこそこに、山崎さんの記事でも読んで、『山崎洋一郎が好きだ。』と言いたいと思います。
長く失礼いたしました。
maaco, 2006/10/07 4:33 AM
はじめまして。

インタビューで検索した時に発見。
国外に住んでいるので、webでこのような
記事にふれられる事はかな〜り嬉しいです。

もちろんbookmarked!
おじゃましました。
hippi, 2006/10/17 11:03 AM
明けましておめでとうございます!昨日山崎さんにお会いしたばかりで興奮覚めやらぬまま検索かけたらここにたどり着きました。
やっぱり山崎さん大好きだ!私もテリーさんみたいになれるように一生懸命頑張ります☆
まさこ, 2007/01/02 12:01 AM
まさこさん
山崎さんの文章がもっといろいろ読めたり
話をきける場があればいいなって思います。
彼は、音楽以外のことを仕事と関係ないところで
話すのが面白いと思う。なにを語ってもロック感漂いますね。でもずいぶん会ってない気がします。
え?ぼくみたいって?!
またブログ覗いてください。よかったらメールでもお気軽に。
てりーうえだ, 2007/01/05 2:43 AM









Trackback
URL : http://terryueda.jugem.jp/trackback/14