Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
パイオニアKURO
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2004.07.26 Monday
痴人の愛 谷崎潤一郎
深く深く自分を掘っていきますと、おやっ?これは博士!谷崎ではないですか?
こんなところで自分の中に谷崎がいたとは。発見ですぞ。うーん。潤一郎じゃ、今、谷崎の方の。


(あらすじ)
生真面目なサラリー万の河合譲治は、カフェで見初めた美少女ナオミを自分好みの女性に
育て上げて妻にする。成熟するにつれて色気をましてくるナオミの周りには
いつしか男たちがむらがり、やがて譲治も魅惑的なナオミの肉体に翻弄され精神を滅ぼしていく。大正末期の性的開放感を描いた傑作。知性も性に対する倫理観もないナオミは日本の妖婦の代名詞となった。

(感想)
谷崎がこんなに面白く読みやすいものだとは。。。早く読めばよかった。
30代男性は必読。
これは、男に潜むSとMの物語。
ぼくは、Mです。はい。
| テリー植田 | 文学 | 18:55 | - | trackbacks(0) |
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:55 | - | - |
Trackback
URL : http://terryueda.jugem.jp/trackback/49