Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
パイオニアKURO
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2004.07.29 Thursday
モーリ森のニューヨーク誰も知らないフードガイド定番の寿司 NY SUSHIって?!
牛丼に続いては、Sushi 101(ワンオーワン、全て) from NY !
定番嫌いでアバンギャルドなモーリ氏。
さて、どんな寿司レポートをしてくれるのでしょうか?!へい!読んでらっしゃい!
ホットコーヒー


 定番の寿司だって、NYにもう300軒位Japanese レストランあるかな。俺 定番って嫌いね。江戸っ子の俺にはFancyなNYスタイル寿司、中国人寿司シェフもがんばっているけどもし行っても納豆巻きしかオーダーしないな。シメさばだって冷凍パック物だったりしてね。スペイン産のさばも使われますが脂のり過ぎ、関さばも流通してますが。近年、東京では逆輸入寿司とでも言うのでしょうかアメリカンスタイルのファンシーな巻物寿司屋さんみなさん通ってます?俺の寿司の概念は季節感あふれる江戸前のコハダ等、青い光ものが好みなのです。マグロではないのです。まぐろ等大きな魚は水銀汚染が昨今心配だし、小さい魚が安くて安心して食べれます。最近NYでは刺身の方が好まれていると思います。アメリカの寿司屋さんのしゃりが甘くて、そして皆さんLow carb思考です。炭水化物はダイエットをさまたげます。生で食べる魚のレシピなどNY Times、鉄人シェフTV−Showで紹介されたりもしてます。

http://www.nytimes.com/2004/07/28/dining/28CHEF.html
上記の記事を閲覧するには登録が必要です。

そして翻訳Toolはこちら
http://www.nifty.com/globalgate/



 その昔神田すずらん通り(一通の入り口、右側)にある赤提灯だけのすし屋。看板が確かない!是非行ってください。屋台みたいな店で5〜6席のホントにおんぼろな店、店名前忘れた!アナゴも洗濯干しにつるしてたな、マグロなんか大きな頭しかない!これをフォークで引っかく、引っかきといいます。コハダも春には桜の香りがしたりしてさ。店に入ると下町の粋なオヤジたちの溜まり場、イチゲンはいないぜ!でも怖がらず、店を切り回すお姉さんさんはフランスソルボンヌ大卒、弟のChefは確か早稲田大卒、客とのインテリジェンスな会話も江戸弁だ。そう、<し> と <さ>が、、、知ってる江戸弁?俺のオヤジは深川森下生まれので、神田、浅草、、門中、築地立ち食、いいろいろなすし屋へ小さい時からつれてってもらったな〜〜あ〜〜なつかし。

小生生粋の江戸っ子にはNY Style Sushi は嫌いです。 でも一軒 アル アル、、NYにも。そう、素材を生かした ちまちました小技なしの大直球の寿司屋!まず、シャリと酢、塩が違う 明らかに。寿司はシャリ、米が命だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!でも高くていけないね一人予算$200はするね。店主は、カリスマ主婦Martha Stewart TV Showにも出演して本物寿司、職人気質を気持ちよくアピールしました。



マグロは近所のフィリピンのスーパーでたまに入荷するボストン沖の小ぶりなマグロのトロを手に入りますます。これちょっとコリがあるのでちょと炙り焼きして、ずけでめしにのせぶっかきます。この切り身なんと手のひらサイズで$2.00冷凍庫にいつもあります。と、こんな風に賢く生活できるのもNYならではです。

今日のデザートは台湾式フルーツのせかき氷、東京のChinese Cafeでも夏Menuであると思うけど。これには真っ黒なGrass Jellyがのってて黒蜜かけてりしてたべます.この缶詰めを見つけました。ちなみにChin Chin (親親)というBrand。


これが台湾式フルーツのせかき氷なのだ。グッド
| テリー植田 | フード | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:41 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://terryueda.jugem.jp/trackback/53