Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
パイオニアKURO
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2004.08.12 Thursday
溺れたエビの検死報告書

京都、そして関西で話題のダーク・エンターテイメント・バンド。
(って勝手に小生が今、書いてます。)
バンド名がすこぶる素晴らしい。「溺れたエビの検死報告書」
現在東京でも不定期で上京しパフォーマンス中だが、
2005年には東京でも本格的に活動をするとのこと。祝


点灯能力は、春日大社の燈篭を上回る?!霧

このネーミングから、ぼくはある映画監督をイメージした。
サム・ライミ監督。今となっては「スパイダーマン」を捕った男、
ですが、「死霊のはらわた」「ダークマン」でピンと来た方は
なかなかよくご存知で、セニョール。
特に、このダークマン的なジェントルマン&ダークな背景を
想像したのです。で、その通りのエンターテイメントで驚き。
おそらく、今後東京でもかなりのところまで知名度を伸ばしていくこと
であろうと思います。そう、願いますバンド。グッド


これは、ヤバイでしょー!!点灯エビ勢ぞろい。びっくり

初見でやられて、二度ライブに足を運んだ。
で、ズバリ、メンバー全員エビです。(ほんと)
エビというより、シュリンプマンです。
黒スーツ着用でキョロキョロ、ピチピチと猫的敏感運動を
常に行いながら、高度なテクニックで演奏をします。
音はといいますと、プログレ、JAZZが即興的に繰り広げられる
ているように聴こえます。
特に女性の方への衝撃度は、夢に出るほどでしょう。悲しい


トレトレピチピチの微細な動きにも注目したいところ。見る

海底に響き渡るダークサウンドが会場に響けば
エビが生まれたサイン。
気がつくと、あちこちにエビたちがいるではないか!!
そして、エビ・オン・ザ・ステージ。スモーク・オン・ザ・ウォーター。
エビの眼だけが不気味に点灯し、徐々に演奏体制に入っていく
ところだけでショーとしての完成度は高い。
あとは、みなさんのその眼で確かめて下さいませ。冷や汗


フロアにも飛び出てくるので、気をつけましょう。びっくり

二回目見たときには、ここで稲川淳二の怖い話
聞きたいなと思ってしまった。おばけ
(追記)このブログをご覧なられている方、及び
エビを知らない業界関係者諸君はただちに、観に行って下さい。
もちろん、自腹で。酒飲んで遊んでる場合じゃないですぞ。


溺れたエビの検死報告書のHPはこちら。
次回のライブをチェックしよう。
http://www.d-shrimp.com/
| テリー植田 | ロック | 11:07 | comments(4) | trackbacks(0) |
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:07 | - | - |
Comment
トレトレピチピチの微細な動き・・・にずきゅーんと来ました。活きます。行きます!

昨年行ったイベントhttp://www.tpoint.co.jp/about/event/index.html
『Stay with art』にも、黒スーツに四角い箱をかぶったグラインダーマンって人達がいて、彼らはパフォーマンスとお芝居の間みたいな事するんですけど、どっちもお顔がわかんないだけについ共通点を探してしまいそう。
グラインダーマン≒エビ!?
biscuit love, 2004/08/13 6:26 PM
行ってきましたよー!
トレトレピチピチ。まじであの指先の動きは一体なんなんでしょうかね・・・まさにエビですね。
隣にいた女性は3度目らしくって、「パフォーマンスはともかく、かっこいいんですぅ」っていってました。
他のバンド見に行った時の対バンで初めて見て以来、すっかりハマったそうで、もうこんな近くで見れることないんちゃうかなぁって嘆いてたけど。

伊達男ナイト、エビと掟さん、同じ日に出るんですか?
行かなきゃ損ですよね!!!
bis love, 2004/08/18 10:39 PM
行ってきました! 歌舞伎町はコマ劇場をさらに超え、路上に溢れんばかりのキャッチの兄ちゃんたちのラブコールを足蹴にしながら、ライブハウスMARZ。
お目当てのエビの皆さんは2番目。トップバッターの不思議ちゃん系女子ユニットのダル&ユルな会場が一転、ダークな水底に。コポコポコポ…という水槽を模した(?)効果音、上階から辺りをうかがいつつ降りてくるエビ軍団。かぶりものの割には動きが俊敏。しかも勝手に男子4人組なのかと思っていたら、どうも女子風のメンバーもいたり。エビの部分のどこから外を観てるのか見たかったけど、そこは残念ながらベールに包まれたままでした。
ステージは、おそらくその外見から想像されがちな笑いの要素などはなく、頭はエビながらダークなスーツに身を包んだその姿からは、ゴス+ブリティッシュな香りがぷんぷん。MCもなく淡々と進む演奏も、弦と打楽器というクラシックテイストが滲み出る感じで、クールでスタイリッシュな感あり。
個人的には、もっと目玉部分のライトをチカチカさせたり、ステージの照明に凝ったような、そんなパフォーマンスも見てみたかったなーと思った三連休初日の夜でした。

蛇足ながら。その足で向かったテアトル新宿のレイトショーで観たのが「歌舞伎町案内人」。いやー、歌舞伎町って色々ですわ…。
渋谷, 2004/09/19 11:04 PM
ちょっとエビさんたちは、歌舞伎町のホストみたいに見えるでしょ??
黒スーツで眼を光らせてるってとこが。
てりーうえだ, 2004/10/02 6:01 PM









Trackback
URL : http://terryueda.jugem.jp/trackback/68