Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
パイオニアKURO
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2004.07.07 Wednesday
山田広野の「実録!公開出演依頼。」第2回 山本浩司
SHOW-OFF 活弁映画監督山田広野の「実録!公開出演依頼。」
第2回 刺客 山本浩司さん(映画俳優)


取材場所:高円寺4丁目カフェ
進行&録音係:テリー植田

監督がこぞって思わず撮りたくなる顔と評す映画界のきってのシズル俳優山本浩司さん。今秋公開の映画「魁!クロマティー高校」にも出演っす!


(山田広野:日替わり「ライスボール&アイスコーヒー」)1998年、自主映画の上映会で大阪芸大出身の人で面白いやつらがいるということで、本田隆一監督、山本君らを紹介してもらったんです。その頃自主映画の上映会を頻繁にやっていて、山本君らの作品が充実していてたんですよ。山本君らも楽しい人たちですぐ仲良くなって。
(山本:単品「チリドック&水」)はじめて山田君の観たのは活弁映画「レズビアンシティー」(笑)
(山田)僕が山本君のをはじめて観たのが映画「ブーメラン2000」。サイバーパンクもの。
(山本)衝撃でした。活弁で「フィストファック」って叫んでる。(笑)笑ったんだけど、なんかその頃は笑えねえーってひそかに思ってたんだけど。
(山田)その頃、上映団体で作家の集団だったアストロキックでの上映が多かったんですよ。よく、ぼくも反則だと言われていて、ぼくは、そのへんがいいのかなって勝手に思っていて。。。(うひゃーっ)山本君の映画見たときは、自主映画って予算的なものと技術的なものってSFだと難しいじゃないですか。なのに彼のは話が面白いんですよ。だから、シナリオさえ面白ければ低予算でもSFは描くことが可能なんですよね。
(山本)大阪芸大の学園祭の催しもので映画際をやって、今で言う「刑事祭り」みたいな。みんなで作品を持ち寄って集まった時に、山下監督がぼくの顔を見てピンときたみたいで。リーゼントが似合いそうだと。
(山田)リーゼントの復権という意味で言えば氣志團よりちょっと早いですからね。(笑)
(山本)東京に来たばかりの時にいろんな監督さんのところを頼って、長谷川和彦監督とかに電話して、助監督とかエキストラとかシナリオミーティングに参加したりして。
(山田)「どんてん生活」がぴあで招待作品で上映されて、その辺から変わったことは?
(山本)うーん。彼女が出来たくらいっすかね。いや、まあ、これはおいといて(笑)
(山田)「どんてん生活」の時に、「東京ハレンチ天国・さよならのブルース」が公開されたことによってその年のキネマ旬報の新人俳優部門のベスト10に山本君がランクインするという事件があって。何位だったの?
(山本)4位で、3位は野村万斎さん。2位妻夫木聡 1位窪塚洋介
(山田)映画の作家であり、役者としても日本映画界の中枢に躍り出たということになるわけですねー。
(山田)海外の映画祭に行きだしたのはいつ?
(山本)最初は、「東京ハレンチ天国」で、本田監督とカナダ・トロントに行ったんですけど。初の海外映画祭であり初の海外旅行。その後、韓国のプジョン映画祭、香港映画祭。会場までタクシーで行ったんですけど、会場着いたら赤じゅうたんで。歩きました。会場に行く前に土産を買おうと言って、スーパーで食料品を買って一張羅のスーツにビニール下げたままレッドカーテンを歩いて。。。(笑)すごい決まらなくて。
(山田)うひゃひゃっ。決まらないねぇー。「リング」などの脚本家の高橋洋さんが山本君について言ったコメントがまた傑作で「この顔見たら映画撮りたくなるよなっ。」って。
ということで、強引にしめたいと思います。今後とも、私の活弁映画の出演、音楽、編集どうぞよろしくお願いします。


(山本浩司・やまもとひろし)
数々の自主映画制作に参加。卒業後制作した「BOOMERANG 2000」が日本各地で行われたイベント、上映会、映画祭で好評を得る。また、「どんてん生活」(山下敦弘監督)や「東京ハレンチ天国/さよならのブルース」(本田隆一監督)で主演。今後、最も映画界で期待されるひとり。本田隆一、山本浩司、横山浩基を中心に結成された映画制作チーム「ピーコックフィルム」を運営。http://www.peacockfilm.com/index2.html
映画「ヒッチハイク」(出演:寺島進)に出演&編集 渋谷ユーロスペースで公開中
グループサウンズコピーバンドの「山本ヒロシとパロッツ」のライブはUFOクラブ(7・18)で(打ち上げは石狩亭で)

【山田広野最新情報】
7月公開の奥秀太郎監督・中村獅童主演作品「赤線」に活弁士役として出演。
山田広野の活弁天国DVD第2弾発売中(ULD-178 ¥2,293)
7・3(土)伊達男ナイト@西新宿カレント
詳細は、こちらまで http://www.katsuben.net/index.html
| テリー植田 | 映画 | 17:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
2007.12.17 Monday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:06 | - | - |
Comment









Trackback
URL : http://terryueda.jugem.jp/trackback/9